〒243-0421 神奈川県海老名市さつき町58番地

TEL.046-232-8103

海西中学校教育目標

<たくましく生きる>
  @豊かな心    A学ぶ力    B健やかな体

実践の指針

@「豊かな心と思いやの心を持つ」
  人間関係づくりを育む指導方法を継続的に進め、生徒にとって安心感、充実感があり、他を思いやる生徒のいる学校を目指す。わが国や郷士の文化・伝統を大切にし、外国の文化を理解する生徒の育成をはかる。
A「秩序がある」
  全領域で生徒指導の充実を図り、いじめ、暴力には、毅然とした態度で対応し、全職員で行動し、根絶に向けて努力する。環境に対する意識を向上させ、きれいな学習環境を目指す。
B「学力を伸ばす」
  分かる授業の研究を進める(基礎学力の定着を図る)
  少人数指導、T・T等、指導方法の工夫改善や家庭学習を含めた学習の習慣化を目指す
C「健やかな体を作る」
  基本的生活習慣を身に付け、気力、体力の増進をはかり、目標に向かってチャレンジする生徒のいる学校を目指す。

今年度の重点目標

「絆を深める」
「海西中の心」に掲げる「思いやり」のさらなる深化・充実を図り、本校教育活動の中軸をなす「『豊かな心』を育む『人間関係づくり』」を改めて強化することをねらいとしている。
人と人との結びつきを豊かで前向きなものとするには、つながることへの働きかけとともに、「個」としての成長を促すことも両輪のように進めていくことが大事である。集団の論理はマイナス方向に流れることもある。さまざまな場面で、自らの信じる正しさや理想にしたがって意思決定できる「個」を強化していくことが肝要であり、そうして鍛えられた「個」が共通の目標に向かって結びつくとき、一層「高い」次元の人間関係が相乗的に築かれると考えている。     

目標達成のための努力点

(1)教科等の指導の充実
 @基礎学力の充実
  ・基礎基本をしっかり身につけさせ、自ら学習する意欲が持てるようにする。
  ・指導内容・指導方法(少人数指導、TT等)の工夫をし、「わかる授業」を創造する。
  ・次のステップに活かすため評価の改善に取り組む。
 A「総合の時間」の工夫・充実
  ・「生きる力」「探究する力」を育む指導の充実を図る。
  ・いろいろな場面で工夫し、生徒が自ら学び、自ら考え、探究する力の育成を図る。
  ・体験学習(奉仕活動・自然体験・人の生き方に学ぶ)の工夫・充実を図る。
  ・探求的な学習における学習過程(課題設定→情報収集→整理・分析→
   まとめ・表現→課題の更新)の充実を図り、学習の成果をPDCAサイクルとして
   日常生活にも生かしていくことを工夫する。
  ・「環境」についての学習の開拓・充実について研究を進める。
 B道徳授業の工夫
  ・学校生活全てにおいて、望ましい価値観を育て、実践力を高める。
  ・公共物を大切にする気持ちを育てる。
  ・道徳の時間の確保と指導資料の収集・整理をし、その活用を図る。
  ・「教科道徳」についての研究を進める。
 C進路指導の充実
  ・夢が持てるよう、3年間を見通した計画的な指導を行う。
  ・進路体験学習の充実(職場体験・講話)を図る。
  ・資料の収集と整理とその活用を図る。
 D保健安全教育の充実
  ・早寝、早起き、朝ご飯の規則正しい生活習慣ができるよう家庭への啓発にも努める。
  ・性教育・エイズ教育・薬物乱用防止教育の指導・充実を図る。
  ・安全教育を推進するとともに、施設・設備の安全点検と整備に努める。
  ・地震・火災などの退避訓練の徹底を図る。
  ・防災については、地域自治会や学区小学校、幼稚園との連携を強化する。
 E特別活動の充実
  ・自分の言動に責任を持ち、他と協力しての取り組みができるようにする。
  ・行事へ主体的な取り組みができるようにする。
  ・計画的な学級活動の実践に努める。
  ・生徒会活動や部活動の活発化を図る。
(2)特別支援教育の充実
  ・特別に支援を必要とする生徒について、個に応じた指導計画を作り、実践する。
  ・交流学習の活発化を推進する。
  ・情報を共有し、共通理解の上で指導にあたる。
  ・スクールカウンセラーとの情報共有を心がける。
(3)日本語指導学級の充実
  ・外国籍生徒が学校教育に適応出来るように、日本語指導、教科指導、生活指導
   等を行う。
(4)人権教育の推進
  ・人権・平和教育の研修会を開催し、教師一人ひとりの意識化、態度化、実践化を図る。
  ・男女平等・共生教育の定着を図る。
(5)環境教育の推進
  ・教科、領域の指導、校内や地域の美化清掃活動などを通じて、環境保全の
   大切さを指導する。
  ・学習にふさわしい学校環境の整備に努める。
(6)情報教育の推進
  ・個人情報の保護、情報管理に留意しながら、情報を活用する力を育てる。
  ・PC教育の基礎的な理解、その指導内容や方法の研究を進める。
  ・PC教室の活用、情報インストラクターの活用に努める。
  ・HPの更新内容の精選を図る。
  ・情報モラルの育成について、指導のなお一層の工夫・充実を図る。
(7)学年・学級経営の充実
  ・学年経営案を作成し、計画的な取り組みのもとで学校教育目標の具現化を図る。
  ・学年会の充実に努める。
  ・相互理解と協力体制の確立を図る。
  ・学級経営案を作成し、計画的な指導で「学級活動の時間」の充実を図る。
  ・教室の整理・整頓に心がける。
(8)生徒指導の充実
  ・全教職員が生徒一人ひとりにかかわる機会を多くし、より深くかかわるよう努める。
  ・服装、挨拶、時間を守る指導など基本的生活習慣を身につけさせる。
  ・指導内容の共通理解を図り、協力体制を確立する。
  ・「いつでも・どこでも・だれにでも」声をかけ、話を聞く姿勢を大切にし、
   教育相談体制の充実を図る。教職員を第一の窓口として、「こころの教室」の
   効果的な活用やスクールカウンセラーの活用を図る。
(9)校内研修の推進
  ・教師としての資質、専門性の向上を高めるため、授業研究等の実践的な研修に努める。
  ・指導法の研究・自己評価を大切にして、実践に生かすよう努める。
  ・人間関係作りを柱として豊かな心を育む。
   (ア) 「人間関係作りをねらいとしたグループワーク」のテーマを継続する。
   (イ) 既存のグループワークについて、時宣やねらいに適した利活用を促進するため、
      利便性の向上に配慮した整理を行う。
   (ウ) 教科道徳についての研究を推進する。(研究担当、各学年道徳担当、学年代表、
      校長、教頭、教務担当の10名をもって構成)
(10)図書館教育の推進
  ・図書館の効果的な活用方法の研究を進める。
  ・教育課程に対応できる図書館のあり方、整備を進める。
  ・学校図書支援員(司書)の有効な活用について研究を進める。
(11)環境整備・施設整備の保全管理
  ・よりよい学習環境整備のため全教職員で意識して取り組む。
  ・施設の安全管理に留意する。
  ・特別教室等の整備・活用を図る。
  ・破損箇所、危険箇所には早期修復に取り組む。
(12)事務処理の能率化
  ・組織体として機能するよう、事務処理を計画的に行う。
  ・校務支援システムの積極的な利活用を進め、事務処理の安全性の一層の向上を図る。
  ・指導要録の様式1(学籍関係)の適正管理を徹底する。転入や住所異動等の
   事由が発生するごと(市教委発「児童・生徒異動通知」や「転入学通知書」、
   「指定学校変更(区域外就学)通知書」の収受後、又は、月初めに学校教育課から
   送付される更新済み一覧の収受後)速やかに更新し、常に正確で最新の情報に
   管理する。
(13)開かれた学校づくりの推進
  ・学校からの情報発信を積極的に行う。
  ・保護者や地域の人達の学校への思いや願いを取り入れていく。
  ・地域教育力の活用を図る。
  ・PTAとの連携をさらに強める。
(14)部活動の充実
  ・より多くの生徒が参加できるようにする。
  ・生徒の安全に配慮し、部活動全体計画、活動計画を作成し指導方針を明確にする。
  ・活動に対する保護者の理解を深め、協力・信頼を得ることに努める。
  ・部活動運営委員会を通して、学校と保護者・地域指導者による部活動の支援
   体制を整え、さらに活性化を図る。
(15)小中一貫教育のあり方を研究する
  ・「未来を拓く、心豊かなたくましい海西の子」(仮題)
     〜人と人との絆のなかで、共に学び合う9年間〜 の具現化を図る。

めざす学校像(信頼される学校)

@豊かな心を持ち、活力のある学校
  ・他を思いやることのできる生徒のいる学校
  ・元気な挨拶と活発な生徒活動(学級、学年、委員会、部活動)ができる学校
A秩序があり、学力を伸ばす学校
  ・授業や活動が整然と行われ、わかる授業が展開できる学校
B健やかな体を持ち、生きる力を持つ学校
  ・健康で目当てに向かってチャレンジできる生徒のいる学校
  ・基本的な生活習慣を身につけ、将来の夢に向け適切な指導ができる学校

めざす教師像(すぐ動く教師)

@一丸となって取り組む教師
  ・各学年が連携し、繋ぎ合う中で取り組む教師集団
A実践する教師
  ・教材研究、授業研究を実践する教師
B信頼される教師
  ・生徒のやる気を引き出し、最後まで面倒を見てくれる教師
  ・教職員としての心構えを意識し、社会に通用する教師

めざす生徒像(実践する生徒)

@思いやりのある行動が取れる生徒
  ・優しさと思いやりの気持ちを行動に表すことのできる生徒
A挨拶がしっかりでき、時間や決まり事が守れる生徒
  ・健康でたくましく、目当てに向け行動ができる生徒
B基礎基本を身につける生徒
  ・学習習慣を身につけ、常に努力する生徒

海老名市立海西中学校
〒243-0421
神奈川県海老名市さつき町58番地
TEL 046-232-8103
FAX 046-232-2293